ドコモ光の月額や速度、解約の違約金や工事費などについて確認。docomo光の口コミや評判も。76

光回線

ドコモ光の口コミや評判、メリット・デメリットについて確認していきます。

ドコモ光の公式サイトへ

ドコモ光の良い口コミや評判、メリット

ドコモ光の口コミや評判については、インターネット上やSNS上で確認することができます。

まずは、良い評判や口コミを確認していきましょう。

速度は高評価が多く見られる


こちらはドコモ光の速度に関する口コミです。

光回線は速度が速い点が最大の特徴ですが、ドコモ光は速度に関して比較的良い評判が多く見られます

光回線のベストエフォートは1Gbpsが一般的ですが、実測値を公開しているような回線はあまりありません。

しかし、ドコモ光のプロバイダの一つであるGMOでは実測値を公開しており、下りが325.17Mbps、上りが295.06Mbpsと公開されています(公式サイトより)。

上記の速度があれば、テレワークやオンラインゲーム、動画コンテンツなどまず問題ありません。

また、回線の安定性という面でも、新様式のIPv6の接続方式があり、IPv6に接続できるルーターを無料でレンタルすることができます。

このような点から、ドコモ光では速度は速く、回線が安定するIPv6接続方式を利用できるというメリットがあります。

工事費が無料となる


こちらの口コミはドコモ光の工事費について触れています。

ドコモ光の特徴の一つに工事費が無料になる点が挙げられます。

他の光回線では、工事費が数万円かかるケースや、実質無料となっても、実際には月額の中の内訳で工事費の負担があったりするケースがあります。

ドコモ光 ソフトバンク光 NURO光
工事費 無料 0〜24,000円 実質無料 (30ヶ月以内の解約は残金支払い)

ドコモ光のキャンペーンでは、新規工事が0円となるため、非常に大きなメリットと言えます。

ただし、以下のような適用条件があり、条件から外れると戸建てで18,000円、マンションで15,000円の工事費がかかります。

・新規契約の契約事務手数料(3,000円(税抜))は別途必要となります。
・特典適用対象工事料は通常工事のみとし、土日・祝日工事の追加工事料、工事内容によって発生する追加料金は特典値引きの適用外です。
・「ドコモ光」を新規でお申込みいただき、お申込み月含む7か月以内に利用開始いただくこと。
・フレッツ光または提携CATVのインターネット接続サービスからのきりかえ・設置場所の移転のお申込みの場合は対象外です。

基本的には適用条件を外れるケースは多くないため、あまり心配は要らないと言えるでしょう。

ドコモのスマホの月額が1,000円割引になる


こちらはドコモのスマホ料金が安くなる点についての口コミです。

ドコモ光を利用すると、ドコモのスマホ月額が1,000円安くなるメリットが有ります。

他のキャリアも同様ですが、キャリアと同じ光回線を利用することで、スマホ月額が安くなるため、ドコモユーザーにはありがたいメリットと言えます。

ドコモ光の悪い口コミや評判、デメリット

ドコモ光は良い口コミや評判も多いですが、中には少し悪いといえる口コミや評判、デメリットも見られます。

それらも確認していきましょう。

戸建ての場合は月額はやや高め


こちらの口コミではドコモ光の月額料金について触れています。

上記の通り、マンションなどの集合住宅タイプでは4,000円と比較的安価な月額ですが、戸建ての場合は少し上り5,200円の月額となります。

他の光回線と比べても、この金額は安いとは言えない金額と言えます。

ドコモ光 ソフトバンク光 NURO光
月額 (集合住宅) 4,000円 3,800円 4,743円
月額 (戸建て) 5,200円 5,200円 4,743円

上記の通りソフトバンク光と同額、NURO光と比べると400円以上高い計算となります。

ただし、それでもスマホ料金の割引を合わせて考えれば、ドコモユーザーにとっては割安となるため、スマホのキャリア割引分も合わせて検討するのが良いでしょう。

2年の契約期間、違約金は安くない


ドコモ光の契約期間の縛りと、違約金に関する口コミです。

こちらの内容のように、ドコモ光は通常2年間の契約期間があり、期間内の解約では集合住宅タイプ絵8,000円、戸建てで13,000円の違約金が発生します。

主な光回線の契約期間と違約金は以下の通りです。

ドコモ光 ソフトバンク光 NURO光
契約期間 2年 2年 2年
解約の違約金 集合住宅:8,000円
戸建て:13,000円
9,500円 9,500円
(+工事費の残債)

上記の通り、2年の契約期間というのは光回線では一般的であり、ドコモ光特有のデメリットとは言えません。

違約金に関しては、集合住宅タイプの8,000円はどちらかと言うと安い方と言えます。一方、戸建ての13,000円はやや高いと言えるため、戸建ての場合は特に途中解約について特に注意する必要があると言えます。

ドコモユーザー以外はメリットが少ない


こちらはドコモ光とドコモユーザーに関しての内容です。

現在時点ではドコモユーザーでなくてもドコモ光を利用する方法もあります(ドコモの携帯電話契約がないお客さま、またはドコモ光のペア回線を設定されないお客さまが「ドコモ光」のお申込みお手続きに必要なもの)。

しかし、実際にはドコモユーザー以外がドコモ光を利用するメリットはあまり有りません

ドコモのスマホ割引が受けられない点や、dポイントのプレゼントが対象外になる点などが挙げられます。

スマホのキャリアがソフトバンクである場合は、ソフトバンク光NURO光、auである場合はauひかりSo-net光を検討しても良いでしょう。

ドコモ光の公式サイトへ

ドコモ光の口コミや評判のまとめ

ドコモ光の口コミや評判、メリット・デメリットをまとめると以下の通りです。

良い評判や口コミ、メリット
・速度は高評価が多く見られる
・工事費が無料となる
・ドコモのスマホの月額が1,000円割引になる
悪い評判や口コミ、デメリット
・戸建ての場合は月額はやや高め
・2年の契約期間、違約金は安くない
・ドコモユーザー以外はメリットが少ない

ドコモ光の基本的な情報を、他の光回線の情報と合わせてまとめると以下の通りです。

ドコモ光 ソフトバンク光 NURO光
月額 (マンション等) 4,000円 3,800円 4,743円
月額 (戸建て) 5,200円 5,200円 4,743円
初回事務手数料 3,000円 3,000円 3,000円
速度 1Gbps 1Gbps 2Gbps
ルーター 無料レンタル 要準備 不要
工事費 無料 0〜24,000円 実質無料
スマホ割引 ドコモ ソフトバンク ソフトバンク
契約期間 2年 2年 2年
違約金 戸建て13,000円
マンション 8,000円
9,500円 9,500円
(30ヶ月以内は工事費の残金)

上記の比較では、ドコモ光のメリットは工事費が無料になる点と、回線が安定するIPv6対応のルーターが無料レンタルできる点が挙げられます。また、マンションタイプの違約金は安い方です。

デメリットは、戸建ての場合に月額や違約金ががやや高い点と言えます。

ただし、そのデメリットもドコモユーザーであればスマホ料金が1,000円安くなることを考えると、トータルで考えれば安くなるケースがほとんどです。

上記の通り、ドコモユーザーであればドコモ光はメリットが大きいため、特徴をしっかり把握した上で申し込みを検討するようにしましょう。

ドコモ光の公式サイトへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました